FC2ブログ

京都・春秋座

こんにちは、すっかりご無沙汰してしまいました。
桜が咲いたと思ったら、あっというまにゴールデンウィークになり、新緑を満喫するまもなくはや夏のような暑さ。めまぐるしい気候の移り変わりに身体がついていくのが大変ですね。

先週末はイベントが盛りだくさんでした。

金曜日には、夫の親交ある某有名作家の先生のデビュー40周年の御祝というのがあり、お招きを受けて椿山荘へ。たいへん大きな、豪華な会でした。ご馳走は言うに及ばず、紅茶の専門家による、小説のキャラクターをイメージしたオリジナルブレンドのお茶のふるまい、豪華景品のあたるくじ引きや、アニメの出演者の声優さんたちによる即興もあり、にぎやかに盛り上がりました。T先生は、挨拶に並んだ私たち一人一人にも、とても丁寧に対応してくださり、お心づくしのおもてなしに、心から感激。思い出に残る一夕になりました。学生時代から大ファンでした。本当におめでとうございます。どうぞ、これからも素晴らしい作品を書き続けていってください。

日曜日は、まる一日をかけて、京都造形芸術大学内にある春秋座という劇場にて、木ノ下歌舞伎による「東海道四谷怪談」の通し上演を鑑賞してきました。歌舞伎の四谷怪談は、これまでにも何度か観たことはあるのですが、通しは珍しく、普段あまり演じられない場面もあり、短い休憩をはさみながらたっぷり六時間。
木ノ下歌舞伎は現代的な演出で、今風の言葉づかいを交えた台詞まわし、それゆえにこそ一層生々しく身近に感じられ、迫力がありました。始めは衣装や音楽も含め、奇抜な感じがして驚いたのですが、やはり原作の持つ普遍性は目覚ましく、違和感はあっというまになくなり、劇中の世界に引き込まれていきました。独特の、えも言われぬ凄みがあり、実に見事でした。
しかし、六時間。演じる方はもちろん本当に大変と思いますが、観る方もかなり消耗しました。でも、めったに見られないものが見られて良い一日になりました。
この日は夫の〇歳の誕生日だったのです。おめでとう~♪


スポンサーサイト
10 : 34 : 24 | 雑感 | Comment(0) | UP↑

<<Thursday 8 June, 1:00pm | ホーム | インディアン・ウェディング>>

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |

自己紹介

風呂本佳苗

Author:風呂本佳苗
日本とイギリスを拠点に演奏活動しているピアニスト。ヨーロッパ各国、アメリカ、中国、シンガポール、タイ等にもときどき出没。英国王立音楽院を卒業、同演奏専攻科修了、およびロンドン大学音楽修士課程修了。夫の某推理小説家と、白柴とゴールデンレトリーバー各一匹と同居。

カレンダー

08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

最新記事

どうぞごゆっくり

触れると逃げてしまいます

カテゴリ

コンサート情報 (70)
雑感 (50)
音楽関連 (7)

最新コメント