忘れられない一言

白柴とゴールデン

こんばんは、ロンドンは今、真夜中の2時です。

ブログを見てくださる方がちらほらといらっしゃるようで、
まことにありがとうございます。

今回は初の画像アップを試みてみました。
画像縮小という機能を使ってみたのですが
「ピクセル」という概念からしていまいちよくわかっていないので
プリクラみたいなサイズのものを無駄に量産してしまいました
・・・うう

さて画像はうちのワンコどもです。
左からゴールデンレトリーバーの「リドル」、白柴の「パズル」です。
何せ、ミステリ作家の犬ですから!!

この子たちは二匹とも♀、年齢は、現時点で1歳2か月弱。
リドルのほうが大型犬で体は大きいのですが、
厳密にはパズルのほうが数日早い生まれです。

犬たちは庭にいて外から見えるため、通りすがりの人たちが
犬を見て何か言ったり、犬に語りかけたりします。
私はくだんの現場には居なかったのですが、
あるとき夫が小耳にはさんだといって教えてくれた
とある親子の会話がとても印象深くて、心に残っております。

幼児(犬どもを見て)「ネコチャン」
母 「違うわよ、あれは犬の親子よ」

・・・。

スポンサーサイト
10 : 42 : 58 | 雑感 | Comment(0) | UP↑

<<♪サマータァ~ィム♪ | ホーム | 「フィガロの結婚」>>

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |

自己紹介

風呂本佳苗

Author:風呂本佳苗
日本とイギリスを拠点に演奏活動しているピアニスト。ヨーロッパ各国、アメリカ、中国、シンガポール、タイ等にもときどき出没。英国王立音楽院を卒業、同演奏専攻科修了、およびロンドン大学音楽修士課程修了。夫の某推理小説家と、白柴とゴールデンレトリーバー各一匹と同居。

カレンダー

05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最新記事

どうぞごゆっくり

触れると逃げてしまいます

カテゴリ

コンサート情報 (64)
雑感 (48)
音楽関連 (6)

最新コメント