FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | UP↑

大合唱

ブログの更新が続いております。自分のための忘備録の感がありますが・・・。今日は先日のラトビア音楽祭について。ちなみに今回の文字色はラトビア国旗の色に近くしてみました。

先日23日のコンサートにおいで下さった皆様、ありがとうございました。色んな合唱団が入れ替わり立ち代わりで、楽しいものでしたね。衣装も各々凝っておられて、華やかで素敵でした。

私が伴奏を担当した合同合唱は、総勢140名を超す大合唱。これだけの人数を伴奏するのは初めてです。
リハーサルの時から、ラトビアから来日した指揮者のアイラさんが、再三、ピアノの音量を上げるよう仰っていましたが、本当にその通りでした。

ことに本番での皆さんの熱唱ぶりはまさに圧倒的で、すごい迫力。伴奏だからと遠慮する必要などまったくなく、それどころか、どれだけ大音量を出しても追いつかないほどに、出せば出すほどに歌がいっそうのパワーで押し返してきて、歌とピアノが衝突して爆発するような、もの凄いエネルギーを体感しました。アイラさんの、自然で自由でスケールの大きな指揮によって、みんなの中に潜在するパワーがどんどん引き出されていくようで、とても不思議な感覚でした。

私は女性ピアニストとしては結構大きな音が出せるほうだと自負していたのですが、この時は、これまでに経験したことのないほどのレベルの音量で演奏しました。一音一音にあんなに体力を使ったのは初めてです。

新鮮で驚きに満ちた、貴重な体験ができました。
日本ラトビア音楽協会様、本当にありがとうございました。

スポンサーサイト
13 : 39 : 31 | 音楽関連 | Comment(0) | UP↑

<<Wednesday 1 July, 1:05pm | ホーム | Thursday 18th June, 1pm>>

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |

自己紹介

風呂本佳苗

Author:風呂本佳苗
日本とイギリスを拠点に演奏活動しているピアニスト。ヨーロッパ各国、アメリカ、中国、シンガポール、タイ等にもときどき出没。英国王立音楽院を卒業、同演奏専攻科修了、およびロンドン大学音楽修士課程修了。夫の某推理小説家と、白柴とゴールデンレトリーバー各一匹と同居。

カレンダー

11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最新記事

どうぞごゆっくり

触れると逃げてしまいます

カテゴリ

コンサート情報 (77)
雑感 (53)
音楽関連 (7)

最新コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。