FC2ブログ

冬が来れば思い出す

こんにちは、もう1月が終わりますね。新年が来たと思ったら、もう12分の1が過ぎていきます。恐ろしいほど早いですね。
先月ブログを一ヶ月以上放置して、広告サイトにしてしまったことを思い出し、月が変わる前に戻ってきました。

今日はカニのお話です。なので、文字もカニ色・・・・。

私にとって冬のキーワードは「カニ」、それも温泉とセットであらまほしい。冬の醍醐味はコレに尽きるでしょ!という位、毎年楽しみにしているものです。かたや、某推理小説家は、もともと、カニの殻と辛気臭く格闘することが性に合わず、まったく執着なし。それが、私と暮らしはじめてから、カニなしでは済まされない雰囲気に押されて、毎冬、家族サービスさせられています。

冬に美味しいカニが味わえるのは北陸から近畿の日本海側、さもなくば思い切って北海道か、だいたいはそんなものかと思いますが、一番最初の時、カニ初心者だった彼はどこで食べられるのかよくわかっていなかったらしく、〈私の忠告を無視して〉、内陸の山間部・越後湯沢に連れて行ってくれました・・・・。それはそれで波乱万丈の面白い旅行で、取材もかねて楽しかったのですが、彼は、「カニ」というお題にはそぐわない場所だったことをずっと悔やみ、それ以後、事前に綿密に検討するようになりました。

何年か前、城崎温泉に行ったとき、カニ供養のための「かに塚」というのがあり、お参りしてきました。毎年、私も含めた大勢の人たちの欲望が、恐ろしい数のカニの大量殺戮を促しているわけですので・・・・業の深いことです。

カニ、そして温泉。日本でしか楽しめない、素晴らしいゼイタクです。
今冬もごちそうになりました。これで心おきなく春を待てます。
カニさん、ありがとう。


スポンサーサイト
15 : 21 : 51 | 雑感 | Comment(0) | UP↑

<<Friday 20 February, 12:30pm | ホーム | あけましておめでとうございます>>

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |

自己紹介

風呂本佳苗

Author:風呂本佳苗
日本とイギリスを拠点に演奏活動しているピアニスト。ヨーロッパ各国、アメリカ、中国、シンガポール、タイ等にもときどき出没。英国王立音楽院を卒業、同演奏専攻科修了、およびロンドン大学音楽修士課程修了。夫の某推理小説家と、白柴とゴールデンレトリーバー各一匹と同居。

カレンダー

08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

最新記事

どうぞごゆっくり

触れると逃げてしまいます

カテゴリ

コンサート情報 (70)
雑感 (50)
音楽関連 (7)

最新コメント