FC2ブログ

夏の終わりに…

8月も終盤、学校の夏休みもいよいよ終わる時期になってきましたが、相変わらずの酷暑が続いておりますね。

先日26日の神戸・三宮で行いましたティータイム夏じまいコンサートには、昼下がりの暑い中、たくさんの方々においで頂きまして、本当にありがとうございました。皆様の元気なお顔を拝見し、また休憩時にはご挨拶させて頂いて、大変嬉しかったです。なにしろ駅から近いですし、街を見下ろす眺めもよく、素敵な場所ですので、夜のライブもそのうち考えたいと思っています。

さて、コンサート終了後、その足で新開地へ向かい、この夏にオープンしたばかりの真新しい寄席「喜楽館」に行ってみました。私は落語が好きで、寄席にはときどき遊びに行っているのですが、上方落語の定席は初めてなので(繁盛亭もまだ行ったことがありません)とても楽しみに参りました。
新開地駅すぐそばの商店街にあり、周囲には気軽な食堂風の飲食店が並んでいて、開場前の腹ごしらえには事欠きません。商店街に面した可愛い入口ゲートから奥の建物へ進みます。
この日は、神戸ゆかりの若手落語家で構成されているユニット、「大倉亭」の皆さんが、夏休みで子供たちに親しんでもらう機会ということで、面白おかしく解説を交えながら、「まんじゅうこわい」「代書屋」「皿屋敷」等々、お馴染みの演目で楽しませてくれました。なかなかの大入りで、地元の人たちが夕まぐれにフラリと気楽に楽しみに来ている感じがとても良かったです。
 神戸新開地・喜楽館 よろしかったらぜひ、一度いらしてみてください。

スポンサーサイト
15 : 36 : 52 | 雑感 | Comment(0) | UP↑

<<Wednesday 19 September, 1:05pm | ホーム | Concerts in Latvia>>

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |

自己紹介

風呂本佳苗

Author:風呂本佳苗
日本とイギリスを拠点に演奏活動しているピアニスト。ヨーロッパ各国、アメリカ、中国、シンガポール、タイ等にもときどき出没。英国王立音楽院を卒業、同演奏専攻科修了、およびロンドン大学音楽修士課程修了。夫の某推理小説家と、白柴とゴールデンレトリーバー各一匹と同居。

カレンダー

09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

最新記事

どうぞごゆっくり

触れると逃げてしまいます

カテゴリ

コンサート情報 (73)
雑感 (50)
音楽関連 (7)

最新コメント