FC2ブログ

バルト三国建国100周年フェスティバル

三寒四温の不安定な気候が続いていますが、皆様ご体調にはお気をつけくださいませ。
直前になってしまいましたが、コンサートのお知らせです。
1918年、ロシア革命直後に独立を宣言したエストニア、ラトビア、リトアニアは昨年建国100周年を迎えました。それを記念する「バルト三国建国100周年フェスティバル」というイベントが開かれます。この一環のコンサートにて、日本ラトビア音楽協会の合唱団ガイスマの皆さんと再びご一緒させて頂きます。

2019年2月16日(土)
バルト三国建国100周年フェスティバル
めぐろパーシモンホール 小ホール 
アクセス(←クリックで開きます)
目黒区八雲1-1-1
( 最寄り駅:東急東横線都立大学駅から徒歩7分)

開場11:00 開演11:30
入場無料

合唱団ガイスマの公演は13:13からとなっています。

プログラム

指揮:佐藤 拓、合唱団ガイスマ、ピアノ:風呂本佳苗
1. Karoga dziesma [旗の歌]
2. Tev mūžam dzīvot, Latvija 「永遠に生きよ、ラトビア」
3. Manai dzimtenei 「わが祖国に」
4. Gaismas pils 「光の城」
5. Saule, pērkons, Daugava 「太陽、稲妻、ダウガワ川」

ソプラノ独唱 坂本雅子、フルート:高市紀子

6. Rīgas torņa gala zile 「リーガの塔のシジュウカラ」
7. Pūt, vējiņi 「風よそよげ」

フルート独奏 高市紀子、ピアノ:風呂本佳苗
8. Richard Rössler作曲「Flute Sonata Op.15から第1楽章 Allegretto grazioso」

指揮:佐藤 拓、合唱団ガイスマ、ピアノ:風呂本佳苗、フルート:高市紀子
9. Kas Viņš? 「彼の名は?」


ホールでは、各国の音楽演奏のほか、物産の販売、試飲試食コーナー、抽選会、観光案内スペース等が設けられ、バルト三国の文化に気軽に触れられる一日になっています。
詳細はこちらをご覧ください。→バルト三国建国100周年フェスティバル
どうぞぜひ遊びにいらしてみてください。


スポンサーサイト
23 : 36 : 13 | コンサート情報 | Comment(0) | UP↑

| ホーム |

自己紹介

風呂本佳苗

Author:風呂本佳苗
日本とイギリスを拠点に演奏活動しているピアニスト。ヨーロッパ各国、アメリカ、中国、シンガポール、タイ等にもときどき出没。英国王立音楽院を卒業、同演奏専攻科修了、およびロンドン大学音楽修士課程修了。夫の某推理小説家と、白柴とゴールデンレトリーバー各一匹と同居。

カレンダー

01 | 2019/02 | 03
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 - -

最新記事

どうぞごゆっくり

触れると逃げてしまいます

カテゴリ

コンサート情報 (93)
雑感 (59)
音楽関連 (9)

最新コメント