FC2ブログ

春が…来た?!

こんばんは。本日は凍頂高山茶を頂いております。美味しい…
ロンドンはこのところ、日中はとても暖かく、また天気も素晴らしく晴れています。
この時期にしては異様な暖かさに、なんと近所の桜はもう花盛り。日本の桜よりもともと開花が早い種類のようですが、光で満ちた青い空を背景に、今日も可愛い花々が満開で、すでに花びらが舞っている状態です。このままいくと三月に入る前に散ってしまうのではなかろうかというような勢いです。花の香りが漂っています。
そこへもってきて、地面ではらっぱ水仙が鮮やかな黄色の花を並べています。あたりには一生懸命啼き交わす様々な鳥の音が響き、遥かな天空では飛行機がライトブルーの上にくっきりと白く長い航跡を曳いて。
…絵に描いたような「春」の風景。
思わずため息が出る美しさに、しばし立ち止まって見とれてしまいました。
昨年のこの時期は、大雪で外出できないほどでした。天気予報ではいずれ寒の戻りがあるそうなので、このホッとできるひと時を大切に楽しみたいと思います。


スポンサーサイト
05 : 13 : 30 | 雑感 | Comment(0) | UP↑

Thursday 28 February, 1:00pm

Thursday 28 February at 1:00pm
Lunchtime Concert
@St George the Martyr Church
Borough High Street
London SE1 1JA

Admission free
Refreshments are served after the concert
Retiring collection

PROGRAMME:
Alberto Ginastera: 12 Preludios Americanos
Medtner: 'Primavera' Op. 39 No. 3
F. Mendelssohn-Barholdy: 'Spring Song' Op. 62 No. 6
Schumann=Liszt: 'Frühlingsnacht' Op.39 No.12
Grieg: 'To Spring' Op.43 No.6
Kapustin: From '24 Jazz Preludes' Op.53
No.1, Presto
No.4, Allegretto
No.9, Lento
No.17, Allegretto


13 : 52 : 47 | コンサート情報 | Comment(0) | UP↑

Monday 25 February, 1:00pm

Monday 25 February, 1:00pm
Lunchtime Piano Recital
@St Lawrence Jewry
Guildhall Yard
London
EC2V 5AA

ADMISSION FREE - Retiring Collection

PROGRAMME:
Alberto Ginastera: 12 Preludios Americanos
Medtner: 'Primavera' Op. 39 No. 3
F. Mendelssohn-Barholdy: 'Spring Song' Op. 62 No. 6
Schumann=Liszt: 'Frühlingsnacht' Op.39 No.12
Grieg: 'To Spring' Op.43 No.6
Kapustin: From '24 Jazz Preludes' Op.53
No.1, Presto
No.4, Allegretto
No.9, Lento
No.17, Allegretto



13 : 48 : 43 | コンサート情報 | Comment(0) | UP↑

Friday 22 February, 12:30pm

Friday 22 February, 12:30pm
Lunchtime Concert
@ ST. GEORGE’S PARISH CHURCH
HIGH STREET, BECKENHAM, BR3 1AX

ADMISSION FREE - Retiring Collection

PROGRAMME:
Alberto Ginastera: 12 Preludios Americanos
Grieg: 'To Spring' Op.43 No.6
Kapustin: From '24 Jazz Preludes' Op.53
No.1, Presto
No.4, Allegretto
No.9, Lento
No.17, Allegretto

13 : 43 : 36 | コンサート情報 | Comment(0) | UP↑

ありがとうございました!

本日の飲み物はコーヒーでございます… ちょっと胃腸がデリケートになっているので、最近はアメリカンにしております。

前回の書き込みでご紹介しましたバルト三国建国100周年フェスティバルが昨日行われましたが、素晴らしい大盛況でした。ホールのステージでは合唱団ガイスマ以外にも合唱やオペラの上演、各国大使の挨拶などが一日中続き、ロビーでは三国の食べ物や飲み物、陶器やアクセサリーその他の販売、また旅行の案内や相談の窓口等も設けられ、立錐の余地のないほどの人出で、圧倒されてしまいました。
お天気が良かったのも幸いですが、バルト三国というと、ちょっと馴染みが薄くて、でも興味はあるので知ってみたい…と思っている方がたくさんおられるということかもしれませんね。とても賑やかで楽しい一日で、主催の方々にとっても準備した甲斐がおありだったことでしょう。本当に、たくさんのお客様に来て頂き、ありがたいことでした。

ガイスマの皆さん、指揮の佐藤先生、ソリストの坂本さん、高市さん、大変お世話になりました。ご一緒させて頂きとても楽しかったです。ありがとうございました!

13 : 39 : 38 | 雑感 | Comment(0) | UP↑

バルト三国建国100周年フェスティバル

三寒四温の不安定な気候が続いていますが、皆様ご体調にはお気をつけくださいませ。
直前になってしまいましたが、コンサートのお知らせです。
1918年、ロシア革命直後に独立を宣言したエストニア、ラトビア、リトアニアは昨年建国100周年を迎えました。それを記念する「バルト三国建国100周年フェスティバル」というイベントが開かれます。この一環のコンサートにて、日本ラトビア音楽協会の合唱団ガイスマの皆さんと再びご一緒させて頂きます。

2019年2月16日(土)
バルト三国建国100周年フェスティバル
めぐろパーシモンホール 小ホール 
アクセス(←クリックで開きます)
目黒区八雲1-1-1
( 最寄り駅:東急東横線都立大学駅から徒歩7分)

開場11:00 開演11:30
入場無料

合唱団ガイスマの公演は13:13からとなっています。

プログラム

指揮:佐藤 拓、合唱団ガイスマ、ピアノ:風呂本佳苗
1. Karoga dziesma [旗の歌]
2. Tev mūžam dzīvot, Latvija 「永遠に生きよ、ラトビア」
3. Manai dzimtenei 「わが祖国に」
4. Gaismas pils 「光の城」
5. Saule, pērkons, Daugava 「太陽、稲妻、ダウガワ川」

ソプラノ独唱 坂本雅子、フルート:高市紀子

6. Rīgas torņa gala zile 「リーガの塔のシジュウカラ」
7. Pūt, vējiņi 「風よそよげ」

フルート独奏 高市紀子、ピアノ:風呂本佳苗
8. Richard Rössler作曲「Flute Sonata Op.15から第1楽章 Allegretto grazioso」

指揮:佐藤 拓、合唱団ガイスマ、ピアノ:風呂本佳苗、フルート:高市紀子
9. Kas Viņš? 「彼の名は?」


ホールでは、各国の音楽演奏のほか、物産の販売、試飲試食コーナー、抽選会、観光案内スペース等が設けられ、バルト三国の文化に気軽に触れられる一日になっています。
詳細はこちらをご覧ください。→バルト三国建国100周年フェスティバル
どうぞぜひ遊びにいらしてみてください。


23 : 36 : 13 | コンサート情報 | Comment(0) | UP↑

| ホーム |

自己紹介

風呂本佳苗

Author:風呂本佳苗
日本とイギリスを拠点に演奏活動しているピアニスト。ヨーロッパ各国、アメリカ、中国、シンガポール、タイ等にもときどき出没。英国王立音楽院を卒業、同演奏専攻科修了、およびロンドン大学音楽修士課程修了。夫の某推理小説家と、白柴とゴールデンレトリーバー各一匹と同居。

カレンダー

01 | 2019/02 | 03
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 - -

最新記事

どうぞごゆっくり

触れると逃げてしまいます

カテゴリ

コンサート情報 (86)
雑感 (58)
音楽関連 (7)

最新コメント