Concerts in Thailand そして犬の注射

タイランドに行っておりました。タイの新年・ソンクラーンを目前に、皆が少しリラックスモードになっている時期です。

6日(金)はバンコク市内、8日(日)はパタヤ近郊にて、リサイタルをさせて頂きました。バンコクのほうには旧知の友人も来てくれて、パタヤのほうでは現地在住の日本人の方たちがいらっしゃって、皆さまに心温まる応援を頂戴いたしました。

お会いできて嬉しかったです、本当にありがとうございました!

さて、タイでは、日本ではすっかり見かけなくなった野良犬がいっぱいいて、バンコクの街中でも、その辺の歩道の真ん中で適当に横倒しになっていたりして、ちょっとびっくりするような光景です。きけば、野良犬は保護や殺処分ということはせず、そのかわり、国のお金で狂犬病の注射をしているのだとか。犬がひとりでいても誰も気にとめず、犬のほうもわれ関せずといった風情で、お互いに干渉しないで共存している様子がなんだかのんびりした感じで面白かったです。

狂犬病の注射というと、わが家のワンコどもも、本日、春の恒例の行事で受けて参りました。昨年は、白柴のほうが会場の入口で嫌がって座り込み、涙目になっていたのですが、今回も果たして、会場前で踵をかえして逃げ出そうとするのを取り押さえられて注射されて帰るとき、ふと見たら眼からちっちゃい涙がポロポロとこぼれているではありませんか…。

私たちも、子供の時、学校で予防接種を受ける時、怖かったし痛かったですよね。列に並んで、先に終わった子に「痛かった?」と確認したりして。思い出してしまいました。ワンコたち、よく頑張ったね。






スポンサーサイト
02 : 20 : 50 | コンサート情報 | Comment(1) | UP↑

| ホーム |

自己紹介

風呂本佳苗

Author:風呂本佳苗
日本とイギリスを拠点に演奏活動しているピアニスト。ヨーロッパ各国、アメリカ、中国、シンガポール、タイ等にもときどき出没。英国王立音楽院を卒業、同演奏専攻科修了、およびロンドン大学音楽修士課程修了。夫の某推理小説家と、白柴とゴールデンレトリーバー各一匹と同居。

カレンダー

03 | 2018/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

最新記事

どうぞごゆっくり

触れると逃げてしまいます

カテゴリ

コンサート情報 (64)
雑感 (48)
音楽関連 (6)

最新コメント