FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | UP↑

秋のひとこま その2

今朝午前2時、時計が巻き戻されて、冬時間になりました。今日はみんなに平等に、一時間朝寝坊が許される日です。

本日のお茶は、頂きもののザクロ茶です。エストロゲンとビタミンCが豊かで、女性の美容にも良いと聞きますが、実感をレポートできるほどの頻度で摂取しているわけではないので、なんとも…。
でも、この美しい深い紅色と、酸味の効いたフレーバーは気に入っています。

最近、リスをよく見かけます。もちろん年中、そこらへんにいるのですが、この頃は特によく、落葉で覆われた地面や、木の葉を落として裸になった枝の間を駆けまわっているのを見かけます。一生懸命食べ物を蓄えているのでしょうか。大きなフカフカの尻尾が、それ自体で独立した生き物のように、優雅に弧を描いて動くのが何とも面白く、つい目で追ってしまいます。

スポンサーサイト
19 : 50 : 24 | 雑感 | Comment(0) | UP↑

こんにちは、赤ちゃん

こんばんは。前回の記事で、この秋のロンドンは暖かいと書いたばかりですが、昨夜から急に気温が下がり、一晩にして真冬が到来したかのような寒さとなりました。が、今朝一番、日本から、身内に新生児が誕生との嬉しい連絡を受け、寒さを忘れる喜ばしい一日となりました。

早速会いに行った夫から、寝かされている赤ちゃんの写真が送られてきました。可愛いです。
この子にとっては、この日、この今日が、この世界に出てきて初めての一日。人生が始まる一日。

身内や友人たちなど、まわりで赤ちゃんが生まれるたびに、とても不思議な、尊い思いに打たれます。
かけがえない、その子だけの人生。
みんな、それぞれが、幸せに育っていきますように。




05 : 39 : 51 | 雑感 | Comment(0) | UP↑

チャリティご報告と秋のひとこま

9月14日の記事でお伝えしました「西日本豪雨災害支援チャリティコンサート」が、先日無事終了しましたとのお知らせを受け、簡略にご報告いたします。記事で書きましたとおり、今回は私自身がスケジュールの都合で参加ができなかったのですが、熊本震災や東日本大震災のときの被災者支援コンサートのメンバーに加え、ハーモニカのデュエットが出演に加わり、177名の皆様のご来場を迎えての盛会だった由。なお、参加チケット代、募金は、「西日本豪雨子どもサポート募金」宛に寄付されると伝えられております。このブログを見て関心を寄せて下さった方々に、心より御礼申し上げます。ありがとうございました。

さて、今年のロンドンは常になく暖かい気候がいつまでも残っています。例年、8月も下旬ごろにはすでに肌寒く感じられるほどに気温が下がっていき、早い秋を迎えるのですが、今年は10月でも20度近く、あるいはそれ以上にまで気温が上がる日が何度もあって、とてもヘンな感じです。とはいえ、朝晩の冷え込みはきつくなり、基本的には秋が確実に深まっていく毎日のなか、鉄道では Leaf Fall Timetable という臨時時刻表が使われ始めました。ロンドン市内は街路樹が多く、また郊外には広大な自然が豊かに広がっているため、この時期は落葉が本当にスゴいのです。毎年、大量の落葉で線路が塞がれたり、濡れた枯葉で車輪が滑ったりして、運行に支障を生じるのが常なので、それを見越して、各便の間を空けて安全運転するための、この時期だけの時刻表です。安全第一、何よりですね。


17 : 57 : 15 | 雑感 | Comment(0) | UP↑

夏の終わりに…

8月も終盤、学校の夏休みもいよいよ終わる時期になってきましたが、相変わらずの酷暑が続いておりますね。

先日26日の神戸・三宮で行いましたティータイム夏じまいコンサートには、昼下がりの暑い中、たくさんの方々においで頂きまして、本当にありがとうございました。皆様の元気なお顔を拝見し、また休憩時にはご挨拶させて頂いて、大変嬉しかったです。なにしろ駅から近いですし、街を見下ろす眺めもよく、素敵な場所ですので、夜のライブもそのうち考えたいと思っています。

さて、コンサート終了後、その足で新開地へ向かい、この夏にオープンしたばかりの真新しい寄席「喜楽館」に行ってみました。私は落語が好きで、寄席にはときどき遊びに行っているのですが、上方落語の定席は初めてなので(繁盛亭もまだ行ったことがありません)とても楽しみに参りました。
新開地駅すぐそばの商店街にあり、周囲には気軽な食堂風の飲食店が並んでいて、開場前の腹ごしらえには事欠きません。商店街に面した可愛い入口ゲートから奥の建物へ進みます。
この日は、神戸ゆかりの若手落語家で構成されているユニット、「大倉亭」の皆さんが、夏休みで子供たちに親しんでもらう機会ということで、面白おかしく解説を交えながら、「まんじゅうこわい」「代書屋」「皿屋敷」等々、お馴染みの演目で楽しませてくれました。なかなかの大入りで、地元の人たちが夕まぐれにフラリと気楽に楽しみに来ている感じがとても良かったです。
 神戸新開地・喜楽館 よろしかったらぜひ、一度いらしてみてください。

15 : 36 : 52 | 雑感 | Comment(0) | UP↑

地震

こんにちは。ちょっとバタバタしており、書き込みが遅くなってしまいました。

遅ればせですが、このたびの大阪の地震で被災された皆様に、心よりお見舞い申し上げます。あのときは家族から連絡を受けて、驚きました。前日に、群馬で大きな地震があったばかりでしたよね。

身内では、枚方に住まう親戚の家が被害に遭って、娘さん宅で避難生活をしているとのこと。高齢の伯母ですが、怪我がなかったのが本当に何よりでしたが、古い家屋が大きな被害を蒙り、これからどうしていくか、悩ましく不安がつきない様子です。

実は私は、大きな地震を直接体感したことがないのです。ここ何十年かに起こった顕著な大地震のときは、すべて他所に居ました。阪神・淡路とか、東日本などは、その後の余震を何度も経験しましたが、本震のものすごさとは比べるべくもありません。どれほど怖いか…。そして、どれほど不便で、不安な日々か…。日々暑さが増していく中、どれほど身体や心に堪えることでしょう。どんなに想像してみたところで、はかりしれません。

皆様に少しでも早く、日常が戻ってきますように。




00 : 30 : 49 | 雑感 | Comment(0) | UP↑

| ホーム | 次ページ

自己紹介

風呂本佳苗

Author:風呂本佳苗
日本とイギリスを拠点に演奏活動しているピアニスト。ヨーロッパ各国、アメリカ、中国、シンガポール、タイ等にもときどき出没。英国王立音楽院を卒業、同演奏専攻科修了、およびロンドン大学音楽修士課程修了。夫の某推理小説家と、白柴とゴールデンレトリーバー各一匹と同居。

カレンダー

11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最新記事

どうぞごゆっくり

触れると逃げてしまいます

カテゴリ

コンサート情報 (77)
雑感 (53)
音楽関連 (7)

最新コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。